優しい無添加の化粧水|自然の力で美肌を手に入れる

笑顔の女性

安全性の高い化粧品

鏡を見る女性

低刺激で安心して使える

毎日使っている化粧水には、肌の様々な悩みを改善できるようにと、合成された添加物が入っています。例えば、シミを薄くしたりしわやたるみを改善したりなど、効果がしっかり出るものほど、肌への刺激も強いという側面があります。特に肌がデリケートな方はこのような化学物質が肌に負担となってしまって、赤みが出たりかぶれたりすることがあります。毎日使う化粧品だからこそ安全性が高く安心して使えるものをと考えるなら、無添加化粧水を選ぶのが良いでしょう。化学物質などの人工的な成分が極力排除されていますから、肌に低刺激で肌トラブルを起こしにくいというメリットがあります。無添加タイプでも様々な種類がありますから、まずはサンプルなどを試してみてから使うのが良いでしょう。

配合成分を確認する

日本では無添加化粧水についての細かい規定はありませんから、無添加と名前がついていても、化学物質がたくさん含まれているものもあります。一般的には旧指定成分という肌にアレルギーを起こす危険がある、102種類の物質を含まないものが無添加とされています。旧指定成分のみが無添加の化粧水から、石油由来成分を一切使っていない化粧水までありますから、当然後者の方が肌への刺激は少なく安全性が高いです。しっかりと何が無添加なのかを確認するというのが大切で、成分を見てチェックしたり、メーカーの公式サイトで確認してみるのが大切です。また、最近はインターネットの口コミサイトも充実していますから、そこで使用感や肌への影響、効果などを調べてみると参考になります。